同じものを同じ所で買えば、当然支払う金額は同じ――。消費増税をきっかけに、こんな常識は崩れ去る。1つのモノに2つ以上の価格がつく、「一物二価」が至る所に広がりそうだ。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り2973文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

日経ビジネス2013年10月28日号 34~36ページより

この記事はシリーズ「特集 総点検 消費増税」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。