来年4月の消費増税を機に、企業の競争環境や個人の消費行動はどう変わるのか。消費税が課されない個人間取引が拡大し、電子マネーの普及で「一物二価」も広がる。小売業では、淘汰と大手の寡占化が進展。商取引の秩序がガラリと変わりそうだ。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り445文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

日経ビジネス2013年10月28日号 30~39ページより

この記事はシリーズ「特集 総点検 消費増税」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。