居眠り運転を走行情報や画像データの収集、分析で防ぐ試みが始まる。堀場製作所と日本ユニシスが11月から危険走行の兆候をパターン化し、運用する。ビッグデータがクルマの安全性を高めるための新しい手段になってきた。