居眠り運転を走行情報や画像データの収集、分析で防ぐ試みが始まる。堀場製作所と日本ユニシスが11月から危険走行の兆候をパターン化し、運用する。ビッグデータがクルマの安全性を高めるための新しい手段になってきた。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り3047文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、11年分のバックナンバーが読み放題