米国の銀行融資を組み込んだ投資信託が増えている。金利が変動するため、金利上昇局面に強いのが特徴とされる。しかし量的緩和縮小で大きく値下がりするリスクと裏腹だ。