家電や機器の間を無線で連携し、自動制御する仕組みが実用化段階に入った。大幅な節電を果たせるだけでなく、外出先からの指示や情報確認が可能に。人が操作しなくても、「対話」を通じて最小の電力消費で家電を動かせる時代が到来する。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り3821文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、11年分のバックナンバーが読み放題