一般用医薬品(大衆薬)のネット販売を巡る議論が続いている。厚生労働省の検討会では新ルールが決まりつつあるようだが、全面解禁から逆行しているように思える内容も多い。