遺産分割に関する紛争の件数は2012年で約17万5000件(全国の家庭裁判所が扱った家事相談件数のうち相続関係のもの)、30年前に比べると3倍近くに達している。2012年の被相続人数(死亡者数)が約125万3000人だから、相続10件につき1件強で家裁に駆け込むようなトラブルが発生している計算になる。