今年9月4日、結婚していない男女間に生まれた婚外子(非嫡出子)の遺産相続に関して、相続分を法律婚の子(嫡出子)の半分とする民法の規定について、最高裁が違憲判断を示した。最高裁は「子にとっては自ら選択、修正する余地のないことを理由に、その子に不利益を及ぼすことは許されない」と言及。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1552文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、11年分のバックナンバーが読み放題

日経ビジネス2013年10月21日号 38ページより

この記事はシリーズ「特集 相続ショック」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。