保証人にだけは絶対なるな――。家訓のように受け継がれている家庭も多いのではないだろうか。保証人になってしまい、他人の借金で自分の首を絞めるケースは後を絶たない。日本弁護士連合会によると、「保証債務や第三者の負債の肩代わりを原因として、破産等の手続きを申し立てた人」は破産債務者の約25%にも上る。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1358文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「特集 相続ショック」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。