代々同じ場所に住んでいると、その土地が誰の登記になっているか、意識することもないのかもしれない。群馬県内に住むEさん(48歳)は、3年前に父親を亡くした。