米国を中心に日本の自動車部品メーカーがカルテルで摘発される事例が後を絶たない。商習慣や社員の意識をグローバル化できていないことが、その背景にある。民事訴訟も広がり始め、企業体力を蝕みつつある。負の連鎖を断ち切るべきだ。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り2332文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、11年分のバックナンバーが読み放題