東京電力福島第1原発事故以後、沿岸漁業の再開に向け努力を続けてきた。試験操業の海域拡大が決まった矢先、東電が放射能汚染水の流出を認めた。魚介類のモニタリング検査では問題がなかったが、操業の中断に追い込まれた。