東京電力福島第1原発事故以後、沿岸漁業の再開に向け努力を続けてきた。試験操業の海域拡大が決まった矢先、東電が放射能汚染水の流出を認めた。魚介類のモニタリング検査では問題がなかったが、操業の中断に追い込まれた。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り2924文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「時事深層(2013年10月21日号)」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。