教授の顔写真が数枚出されて、「私は誰でしょう」。私が通った大学では、過去にこんな試験問題を出した教授がいて、それでも多くの学生が不正解だったことが、半ば伝説となっていました。真偽のほどは定かではありませんが、それくらい授業に出席せずに、試験だけを受けにくる学生が多かったことを表しています。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り656文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「編集長の視点」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。