日本に比べると海外の大学の地位は高い。その違いは、大学の4年間でリベラルアーツ(一般教養科目)をどこまで教え、人生の基礎をどこまで作っているかに由来するのではないか。それは教室で一方的に教えられるものではない。米国の大学生はハウスマスター(寮長)である先生とともに寮で生活し、日々、青臭い議論をして、歴史観、哲学観、人生観を学生のうちに築く。