日本に比べると海外の大学の地位は高い。その違いは、大学の4年間でリベラルアーツ(一般教養科目)をどこまで教え、人生の基礎をどこまで作っているかに由来するのではないか。それは教室で一方的に教えられるものではない。米国の大学生はハウスマスター(寮長)である先生とともに寮で生活し、日々、青臭い議論をして、歴史観、哲学観、人生観を学生のうちに築く。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り2936文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「特集 世界のトップ大学」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。