日本の大学は物足りない──。世界で活躍する日本人からは、そんな声が聞こえてくる。海外の大学に籍を置く学生や教授、そこで学んだ経営者が処方箋を示す。まずは、国内エリート校を蹴り、米トップ大学への進学を選んだ学生たちに話を聞いた。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り430文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「特集 世界のトップ大学」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。