日本の大学は物足りない──。世界で活躍する日本人からは、そんな声が聞こえてくる。海外の大学に籍を置く学生や教授、そこで学んだ経営者が処方箋を示す。まずは、国内エリート校を蹴り、米トップ大学への進学を選んだ学生たちに話を聞いた。