グローバル化の波に乗り遅れていた日本の大学で、改革の動きが加速してきた。欧米トップ大学を目標に定め、学内の論理に固執していた古き慣習の打破を狙う。「ガラパゴス」的な発想を捨て、グローバルスタンダードを目指す挑戦が始まった。