グローバル化の波に乗り遅れていた日本の大学で、改革の動きが加速してきた。欧米トップ大学を目標に定め、学内の論理に固執していた古き慣習の打破を狙う。「ガラパゴス」的な発想を捨て、グローバルスタンダードを目指す挑戦が始まった。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り8050文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「特集 世界のトップ大学」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。