香港やシンガポールでは、日本の大学を凌駕する国際競争力を持つ大学が育ち、マレーシアには、日本式工学教育を取り入れて世界を追撃せんとする大学が生まれた。急拡大する経済力に支えられて、アジアの大学が日本の強力なライバルになり始めた。