「今の東大は、学生の潜在力を十分に引き出せていない」──。日本のトップ大学、東京大学の濱田純一総長は取材の冒頭で危機感を吐露した。米英トップ大学には水をあけられ、アジアの新興大学が追い上げてくる。「資金力が乏しく、このままでは基礎体力が弱る」。「日本語が壁となり優秀な留学生が来ない」。濱田総長は取材中、思うような教育ができないというもどかしさを幾度となく口にした。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り2459文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「特集 世界のトップ大学」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。