飲食店チェーンを経営するA社長から、役員候補のB部長に社外コーチをつけたいと相談された。B部長は事業拡大の功労者だが、業績を重視するあまり、長時間勤務や部下の心身の健康、育児・介護休暇などに理解を示さないそうだ。激しやすく、人の話も傾聴できないという。コーチングでそうした態度やコミュニケーションを改善できないかとのことだった。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1352文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

世界の頭脳に学ぶウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題