飲食店チェーンを経営するA社長から、役員候補のB部長に社外コーチをつけたいと相談された。B部長は事業拡大の功労者だが、業績を重視するあまり、長時間勤務や部下の心身の健康、育児・介護休暇などに理解を示さないそうだ。激しやすく、人の話も傾聴できないという。コーチングでそうした態度やコミュニケーションを改善できないかとのことだった。