海面と深海の温度差を利用して発電する、世界初の実証試験が日本で始まった。実用化できれば、地球の面積の約7割を占める海が、いわば巨大な発電所となる。発電出力が安定している点が売り。自然エネルギーの新たな主役になるかもしれない。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り3449文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題