残念ながらほぼ「蚊帳の外」になっている日本からは見えづらいが、アジアの医療機関では今、国際競争が激化している。医療行為を受けるための海外渡航「医療ツーリズム」の興隆を受けてのものだ。いかにして海外の患者を受け入れるか。各国の医療機関が知恵を絞る。