残念ながらほぼ「蚊帳の外」になっている日本からは見えづらいが、アジアの医療機関では今、国際競争が激化している。医療行為を受けるための海外渡航「医療ツーリズム」の興隆を受けてのものだ。いかにして海外の患者を受け入れるか。各国の医療機関が知恵を絞る。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1527文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、11年分のバックナンバーが読み放題