“腰砕け”の改革で終わった胡錦濤政権からバトンを引き継いだ習近平と李克強。「リコノミクス」は既得権益に切り込む改革となるのか。剛腕で名を馳せた朱鎔基ばりの実行力が求められる。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り3957文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「特集 「中国失速」の真実」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。