格差や高齢化、非効率な国有企業、政府幹部による汚職。中国経済が深刻な課題を多く抱えていることは間違いない。シャドーバンキングへの懸念もくすぶり、中国悲観論がことさら注目を集める。一方で数多くの成長の余熱を残してもいる。果たして、この先どうなるのか。