格差や高齢化、非効率な国有企業、政府幹部による汚職。中国経済が深刻な課題を多く抱えていることは間違いない。シャドーバンキングへの懸念もくすぶり、中国悲観論がことさら注目を集める。一方で数多くの成長の余熱を残してもいる。果たして、この先どうなるのか。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り2527文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

世界の頭脳に学ぶウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「特集 「中国失速」の真実」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。