公共投資の積み増し余地もあり、中国経済はあと数年は持ちこたえそうだ。ただ、問題はその後。高齢化や働き手の減少、環境問題といった課題が降りかかる。しかし、ここに日本企業が活躍するチャンスがある。「困る中国」こそが商機だ。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り5933文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「特集 「中国失速」の真実」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。