中国経済は「失われた10年」のツケを抱える。構造要因が今後の成長の足かせになる。しかし、2020年頃まではインフラ整備や都市化などに「成長の余熱」が残っている。今後数年のうちに中国経済が極端に失速する可能性は低い。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り4035文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「特集 「中国失速」の真実」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。