中国経済は「失われた10年」のツケを抱える。構造要因が今後の成長の足かせになる。しかし、2020年頃まではインフラ整備や都市化などに「成長の余熱」が残っている。今後数年のうちに中国経済が極端に失速する可能性は低い。