JR北海道で、レールの異常を大量に放置していることが発覚。事故頻発で安全軽視の企業体質が批判を浴びている。だが専門家は一連の事態はほかでも起こり得ると指摘する。