栃木県日光市の人気テーマパーク「日光猿軍団」が年内の解散を表明。福島第1原発事故の影響を懸念し外国人調教師が全員帰国。窮地に追い込まれた。来場者も激減。妻、弟と3人で公演を続け再起を目指してきたが、汚染水問題で力尽きた。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り2972文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「時事深層(2013年10月7日号)」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。