「あれは君が好きでやったんだろ。私は何も頼んでいない」――。高等専門学校を卒業後、米国に行きたかった私は米ワシントン大学に進学、そこである日、寮の相棒に言われた言葉です。