「100社にエントリーしたが内定ゼロ」。次々と受けては落ちまくる昨今の異常な就職戦線。シューカツという流行語まで生んだ狂騒からの脱却を目指し、企業と学生が動き始めた。その動向を5回にわたり紹介する。初回は“すれ違い”による離職を防ぐ試みを取り上げる。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り5278文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題