今の課題は、米国と日本の企業の文化を融合し、相乗効果を出していくこと。もう1つは、旧三洋の販路を活用して、オン・セミコンダクターの製品をより多くの顧客に届けることです。前職の半導体企業で取引のあった会社を含め、顧客回りを始めたところです。