ダイエー創業者・中内功氏の秘書として仕えた著者の回想録。身近な目線から、冷徹な仕事の鬼、といった一般的な印象と異なる面を捉えている。著者の目に映る中内氏は「正直さ」を最も重視し、新しいもの好きで損得勘定はそこそこに夢とロマンを追い求める、偏屈な、でも憎めない人物だ。リクルート買収、福岡ドーム建設などに絡むエピソードも興味深い。