米国の小説家、カート・ボネガット・ジュニアは自作において、第2次世界大戦でドイツの敗北が決定的になった後にドレスデンを徹底的に破壊した無意味な空爆を、虐殺とはこういうことだと、独特の筆致で描いた

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1488文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

日経ビジネス2013年9月30日号 58ページより目次