米国の小説家、カート・ボネガット・ジュニアは自作において、第2次世界大戦でドイツの敗北が決定的になった後にドレスデンを徹底的に破壊した無意味な空爆を、虐殺とはこういうことだと、独特の筆致で描いた