米銀最大手JPモルガン・チェースが、米英の金融当局に合計で9億2000万ドル(約920億円)の罰金を支払うことになった。その理由は昨年、JPモルガンがデリバティブ(金融派生商品)取引で62億ドル(約6200億円)もの損失を出したことに端を発する。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1598文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題