7年後の東京五輪を控え、東京地下鉄(東京メトロ)の株式上場が再び注目されている。時価総額は1兆円規模との見方もあり、株主の政府と東京都には財源の切り札にもなる。だが東京メトロと都営地下鉄の経営統合問題など、株式上場に向けた壁は高い。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り2227文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題