東京に2020年の夏季五輪を呼び寄せた陰の立役者、ニック・バーレー氏。広報戦略のプロを自任し、招致委に日本人が苦手な情感溢れるプレゼン術を叩き込んだ。IOC委員を驚かせ、ロンドン、リオデジャネイロに続く3連覇を達成。その秘訣を聞いた。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り2799文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、11年分のバックナンバーが読み放題