霊柩車の洋型やバン型が主流になりつつある。一方で、昔ながらの宮型は数を激減させている。火葬場すら宮型を嫌うその理由とは。