5年以上に及ぶ交渉の末、NTTドコモがiPhoneの導入に踏み切った。経営陣の重い腰を上げさせたのは、ライバルへの顧客流出だけではない。ユーザーの高齢化という内的な課題も、ドコモの将来に影を落としていた。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り2737文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「時事深層(2013年9月23日号)」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。