5年以上に及ぶ交渉の末、NTTドコモがiPhoneの導入に踏み切った。経営陣の重い腰を上げさせたのは、ライバルへの顧客流出だけではない。ユーザーの高齢化という内的な課題も、ドコモの将来に影を落としていた。