効率を追い求める「超速配送」の拡大は、物流拠点の立地や機能を大きく変貌させる。かつて日本を支えた工場の跡地に巨大な倉庫が建ち、投資と労働力が流れ込む。新たな付加価値を取り込み、物流が製造業に代わる新たな主役になりつつある。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り3944文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「特集 物流大激変」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。