効率を追い求める「超速配送」の拡大は、物流拠点の立地や機能を大きく変貌させる。かつて日本を支えた工場の跡地に巨大な倉庫が建ち、投資と労働力が流れ込む。新たな付加価値を取り込み、物流が製造業に代わる新たな主役になりつつある。