海外展開を加速する多くの日本企業で、グローバルの共通語を英語にする動きが目立っています。海外売上高比率が8割近くに達し、世界で約14万人の従業員の7割を日本人以外が占めるブリヂストンも例外ではありません。