インターネットを介して、社外の複数の人に仕事を頼む「クラウドソーシング」。この聞き慣れない人材の活用法が、大企業の間で本格的に広がり始めた。依頼内容の主軸も、単純な作業から高度で複雑な業務へと移ってきている。