世界経済は現在、数多くの不確定要因を抱えている。米国のQE終了からBRICSの政策、シリア攻撃に至るまで、先の見通しが利かない。数々のリスク要因の一部だけでも悪い方に傾けば、世界経済の回復は頓挫するだろう。