尖閣諸島の国有化をきっかけに昨秋以降「愛国不買」運動が中国全土に拡大した。それから1年、本誌の独自調査で、日本製品の購入意欲が大きく改善したことが分かった。反日の傷跡は薄れている。ただ、ブランドや業種によってその明暗ははっきりと分かれた。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り4822文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題