円安などでNBの値上げが相次ぐ中、PBが攻勢に出ている。イオンなどは販路拡大や物流の効率化で価格維持を訴求。増税などで消費に逆風が吹くことに備え、低価格を印象づける。