東京など3都市が競り合った2020年夏季五輪の招致レース。過去の開催国を見ると、投資や消費が活性化。開催時の株価が決定時の株価を上回っている例が多い。