バングラデシュの首都ダッカ近郊で、縫製工場が入居する8階建てのビルが崩落。瓦礫が散乱し従業員ら1130人以上が死亡。その悲劇は連日、世界中に報道された。同国最大の輸出産業である縫製産業は、抜本的な改善を余儀なくされている。