日本人は将来、地球上から消えるかもしれない。こんな予測が冗談に聞こえないほど、少子化が加速している。厚生労働省によると2012年の出生数は103万7101人と過去最少を記録。総人口は6年連続の自然減となった。