佐賀県の農家で生まれ育ち、長崎県庁から厚生省(現厚生労働省)へと転じた私がなぜ厚生次官、そして歴代最長の8年7カ月も内閣官房副長官を務めるに至ったのか。振り返ると、若い頃の体験が大きな支えになりました。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1245文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

日経ビジネス2013年9月9日号 114ページより目次

この記事はシリーズ「有訓無訓」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。