佐賀県の農家で生まれ育ち、長崎県庁から厚生省(現厚生労働省)へと転じた私がなぜ厚生次官、そして歴代最長の8年7カ月も内閣官房副長官を務めるに至ったのか。振り返ると、若い頃の体験が大きな支えになりました。