上場企業の中で報酬「1億円プレーヤー」が最も多いのは、13人を輩出するファナック。同社の稲葉清右衛門・名誉会長は「ファナックの役員報酬が『高い』とは思わない。