社長や会長の時代だけでなく、相談役や顧問に退いた後でさえも、執務室や移動のハイヤー、専属の秘書が引き続きつく場合がある。