2013年3月期決算の上場企業の中で「1億円プレーヤー」の役員が最多だったのは、13人を輩出したFA(ファクトリーオートメーション)機器大手のファナックだ。2番目に多い日産、三菱商事は各々6人で、その2倍以上という突出ぶりだ。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り2188文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、11年分のバックナンバーが読み放題

日経ビジネス2013年9月2日号 34~35ページより

この記事はシリーズ「特集 役員報酬の「怪」」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。